カテゴリ:お菓子教室( 4 )   

12月のきなこマカロン♪試作   

今日はクリスマスイブ! ☆*::*:☆MerryXmas☆:*::*☆
クリスマスケーキも作らなければ(゜´Д`゜)と思いながら・・・前回の続き「きなこマカロン」の教室試作を載せてしまおうと思います☆

d0226092_1521467.jpg


レシピブログに参加中♪


「きなこ生地材料」 直径3㎝の丸に絞ったもの30枚(サンドして15個分)
卵白         40g
グラニュー糖    40g

粉砂糖        40g
アーモンドパウダー 27g
きなこ         13g

前回載せた抹茶マカロンと作り方は同じです

「作り方」
①絞り出す目安になる下絵を用意します(直径3㎝の丸×バランスよく15個)
②粉砂糖、アーモンドパウダー、きなこを合わせてふるう
③ボウルに卵白を入れ、グラニュー糖を3回に分け加えながら、きめの細かいメレンゲを作る
④②の粉類をボールに移し、③のメレンゲを2回に分けてゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる
⑤粉けがなくなったら、「ボールの側面に生地をこすりつけるようにのばす→底からすくってまとめる」この作業を10回程繰り返す(マカロナージュ)ヘラで生地を持ち上がて、落ちた生地がだら~っと馴染む程度になったら出来上がり
⑥口径1cmの口金をつけた絞り出し袋に生地を入れる
⑦①の下絵をオーブンシートの下に敷き、円より少し小さめに絞り出す
⑧このまま室温で表面を乾かす(約30分、ただし湿度の多い日は部屋を除湿したり、長めに置く)⑨触ってみて、指に生地がつかなければOK
⑩160℃で5分、120℃で12~15分焼く
⑪焼成後、天板ごと冷ましてはずし、クリームを絞る 

d0226092_1532361.jpg

完全に冷めてから天板から外しますが、このような感じで、シートに生地が多少は残ります
焼成時間を120℃で20分程(途中アルミホイルをかぶせながら)焼けば、より底の外れがきれいになりますが、サンドして食べてみると、クリームとの馴染みが弱い?というか、マカロンの特徴である表面カリッと、中身しっとり♪の中身のしっとり感が出にくいないような感じでした(私なりに)

d0226092_15392473.jpg


「きなこクリーム」 出来上がり約15個分
・市販のきなこクリーム 18g(今回は、富澤商店の「サクサクきな粉」を使用)
・生クリーム 35g
生クリームをしっかりと立てて、市販のクリームと合わせて、さらに泡立て器でしっかりと立てます
、口金をつけた絞り出し袋に入れて、1個につき3g程絞り、サンドします☆

抹茶マカロンで使ったガナッシュも残っていたので、2種類のクリームで♪
どちらも合うわぁ~(*´▽`*)

d0226092_15495447.jpg


今日のクリスマスケーキ♪どうしよう(。-∀-)
ロールケーキの生地だけは焼いたのですが・・・
今から買い物へ行って仕上げを考えようと思います! 急げーーー( ̄▽ ̄;)

d0226092_15565916.jpg

[PR]

by garachan418 | 2012-12-24 15:57 | お菓子教室

12月のマカロン教室&抹茶マカロン試作   

前回のマカロン教室は6月だったので、あっという間にもう半年。

そういえばその間、一度も作ってないかも(笑) ←前回集中的に作りすぎて疲れてました(^_^;)

でも、今回はこのブログを見て「マカロン」を作りたいと言ってくれたお友達がいて、是非ぜひ!!

嬉しいなぁ~(((o(*゚▽゚*)o)))ということで☆

毎回のことながら、教室の写真はちゃんと撮れないので、今回の教室試作のマカロンを載せます♪

d0226092_2336464.jpg

                     

レシピブログに参加中♪


「抹茶生地材料」 直径3㎝の丸に絞ったもの30枚(サンドして15個分)
卵白         40g
グラニュー糖    40g

粉砂糖        40g
アーモンドパウダー 37g
抹茶          3g

「作り方」
①絞り出す目安になる下絵を用意します(直径3㎝の丸×バランスよく15個)
②粉砂糖、アーモンドパウダー、抹茶を合わせてふるう
③ボウルに卵白を入れ、グラニュー糖を3回に分け加えながら、きめの細かいメレンゲを作る
④②の粉類をボールに移し、③のメレンゲを2回に分けてゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる
⑤粉けがなくなったら、「ボールの側面に生地をこすりつけるようにのばす→底からすくってまとめる」この作業を10回程繰り返す(マカロナージュ)ヘラで生地を持ち上がて、落ちた生地がだら~っと馴染む程度になったら出来上がり
⑥口径1cmの口金をつけた絞り出し袋に生地を入れる
⑦①の下絵をオーブンシートの下に敷き、円より少し小さめに絞り出す
⑧このまま室温で表面を乾かす(約30分、ただし湿度の多い日は部屋を除湿したり、長めに置く)⑨触ってみて、指に生地がつかなければOK
⑩160℃で5分、120℃で12~15分焼く
⑪焼成後、天板ごと冷ましてはずし、クリームを絞る 

d0226092_232813.jpg

この生地は、前回載せた抹茶マカロンと全く同じですが、今回は、サンドするクリームをちょっと変えたので載せておきます

「ガナッシュ」 出来上がり15個分
チョコレート(ビターやブラックがおススメ)40gを刻みボールに入れておきます
小鍋に生クリーム45g、はちみつ4gを入れ沸騰させたものをチョコに加えゆっくりとしっかり混ぜ合わせます。室温で置いて使います

このガナッシュに、いちごジャムを合わせてサンドしてみました!
しっかり煮詰まったジャムがおすすめです☆

d0226092_2323391.jpg


この試作、そして今回の「マカロン教室」で確信したことがあります( 」´0`)」
卵白の状態ですが、今まで卵三個分位冷凍しておいた卵白を、作る前日に解凍して使ってましたが、どうも仕上がりにムラがあります(T_T) 多分、解凍して計量する際に、水溶性卵白(水っぽい卵白)の部分がさらっと出て、濃厚卵白が残り、卵1個分の卵白の性質のバランスが崩れるのではないかと・・・。つまり、濃厚卵白と水溶性卵白がバランスよく入っていないと、安定したマカロンが作りにくい(。-∀-)??
水溶性卵白のみで作るとどうしてもメレンゲの気泡保持力が弱く、見た目では同じでも、焼き上がり、表面が薄く、シワが寄ったり、油染みが出やすいような気がします。
ということで、シンプルに、普通の冷蔵庫出したて、割たての卵白を使うのが一番なのかと、今回結論付けました☆自分なりに♪

いやいや、奥深い「マカロン」

d0226092_23394944.jpg


いよいよクリスマスですね~
我が家のチビッ子には何が届くかなぁ~??ってのんきに言ってる場合じゃないけど・・・何でもいいというので、サンタもまだ迷っているようです( ̄◇ ̄;)

d0226092_2342713.jpg


次回「きなこマカロン」もnewバージョンで載せますね♪
[PR]

by garachan418 | 2012-12-22 00:38 | お菓子教室

雨の日の「マカロン教室」と ♪ラッピング♪   

先日の「マカロン教室」は、前日から雨降りの予報(T_T)/~~~

「マカロン」は、作る工程で表面を乾かさなくてはならず、湿気が苦手

日によっって、乾かす時間も30分だったり1時間だったりとマチマチです

そんなこんなで、始まるまでは上手く焼き上がるか不安でいっぱいでしたが

前もってできる事は、部屋をエアコンの「ドライ」にしておくくらい(T_T)

天板4枚分焼きましたが乾かす時間は、それぞれ40分程で意外にも心配していたほどの状況

にはならず一安心でした☆

                     

レシピブログに参加中♪


今回、子どもさん連れで来てくださったお友達♪

驚いたことに「子どもがマカロン好きでね~」とか「子どもが楽しみにしててね~」

などなど!( ^^) _U~  今の子は、すごいですね!!

お疲れ様でした_(._.)_



今回は、3種類のマカロン生地と、それぞれに違ったクリームを作って仕上げました(*^^)

「マカロン生地」 
「ココア」「抹茶」「きなこ」のレシピは以前に試作した分と同じです 出来上がり各15個分

「クリーム」
ココアマカロンは「レモンカード」抹茶マカロンは「ガナッシュ」きなこマカロンは「きなこクリーム」

「レモンカード」 出来上がり15個分
小さい鍋にコーンスターチ10gグラニュー糖25gを入れて混ぜ合わせ 水50ccを加えて混ぜ合わせたら、弱火にかます。とろみがでて透き通ってきたら、火からおろして卵黄1/2個を加えてさっと混ぜ、レモン汁大さじ1レモンの皮のみじん切り1/4個分を加えて混ぜる
d0226092_4172052.jpg

         試作のため、きなこマカロンにサンドしてありますがクリームはこんな感じ

「ガナッシュ」 出来上がり15個分
チョコレート(ビターやブラックがおススメ)40gを刻みボールに入れておきます
小鍋に生クリーム45gはちみつ4gを入れ沸騰させたものをチョコに加えゆっくりとしっかり混ぜ合わせます。室温で3~6時間置いて使います

「きなこクリーム」 出来上がり15個分
常温で戻しておいた無塩バター20gきなこ入りバタークリーム20g(富澤商店)を合わせて、ヘラで戻しておいたローマジパン40gに少しずつ加えます。最後は泡だて器で、しっかりと混ぜます
d0226092_4351288.jpg


教室前の♪「ラッピング」♪試作です!(^^)!  こちらのテープ付小袋に一つずつ入れていきます
d0226092_4411339.jpg
                  マカロンが並ぶとなんだか可愛い good♪
d0226092_447086.jpg

     ↑こんな感じにシンプルも好し  ↓アレンジして こんな三角形の物も作ってみました
d0226092_4541187.jpg

                    うちの食いしん坊 助手☆ 
d0226092_4575246.jpg

         アルミのミニパウンド型に入れて、クリアシートで覆ってあります
          アクセントに「マグカップの手作りはんこ」を押して添えました~
d0226092_524487.jpg

             
何とか無事終了してホッ。としています(*^_^*)

   
[PR]

by garachan418 | 2012-06-26 06:08 | お菓子教室

6月 「マカロン」教室 に至るまで   

今月は、パン教室に来てくださっているお友達のリクエストにお応えして♪

「マカロン」教室を開催しました( ^^) _U~~ (忙しすぎて写真が撮れてませんが…)

マカロン教室をすることを決めて、最初に試作をしたのは4月頃でしょうか(^_^;)

それからかれこれ ふた月程… 色々なレシピを見て、作って

失敗と成功を繰り返しながら、ようやく今回のレシピで落ち着きました☆

この期間、やっぱりお菓子やパン作りって奥深いなぁと 実感♪

私自身の良い経験となりました_(._.)_


せっかくなので(^_^.) 

そもそも、私が製パン学校に入学した切っ掛けを少し

今現在はないけれど、実家の斜め向かいにパン屋さんがありました☆ 

友達のお父さんが働いていて、小学生の頃から、大きな番重から出したてのパン生地を

触らせてもらったり、粉や砂糖を計量している姿を見て

「なんでこの粉や砂糖からパンができるんだろう」と不思議でしょうがなかったんです

中学生の時から、将来の夢は「パンを作る仕事」と決まってました(笑)(~_~;)

しかも、「日々研究!!」とか都合のいいこと言って

夕食のおかずが‘お刺身’でも、それとパン食べてましたね、今では考えられませんが(@_@;)

今、私が親になって思うと…わがまま娘のいう事を聞いてくれていた私の両親もすごいなぁ~と。

今の私があるのも両親のおかげです  ☆感謝☆

と、同時に、うちのチビッ子2人にも、そういう時期が来たら、ある程度尊重してあげたいなぁ~と。



あららら、長々と書いてしまって肝心の教室の様子が書けてません

「マカロン作り」はポイントが多すぎて、写真を撮る暇もなく、気が付くとラッピング段階ーー!!

d0226092_0333172.jpg

                   こちら生徒さんのラッピングです♪
                   すごくキレイに出来てますよ~~
             マカロン3種類も、初めてにしては上出来かと思います☆
                      お疲れ様でした(*^^)

次回の書き込みで、教室で作った「マカロン」をまとめますね~☆★☆
[PR]

by garachan418 | 2012-06-23 23:47 | お菓子教室