カテゴリ:パン・お菓子作り( 63 )   

6月のBirthday cake   

前回のブログ更新が、2014年10月なので…
大変ご無沙汰しておりました(+_+)。

その間、お菓子やパンを作る機会もあったので、ブログにアップしたいなぁ
と思いながらも、後回しになり、この状況( ;∀;)
でも、今日ブログを開いてみたのも、少し自分の時間が持てるようになったということですかね。
これからも時間を見つけてパンやお菓子のレシピを中心に更新していきたいと思います('ω')ノ
よろしくお願いします!

さてさて、6月7日は、旦那さんの40歳のお誕生日でした。
スポンジを焼いて、いちごのショートケーキ🎂
と思いましたが、つい最近までスーパーで見かけたいちごが、もう売っていない。
季節ものだからしょうがないですね(^^;
ということで、キュウイ・バナナ・オレンジ・チェリーのショートケーキを作りましたよ。


d0226092_15260351.jpg



いつものスポンジ生地のレシピを載せておきます。
〈直径16~17cmの型 1台〉
・全卵 3個(150g)
・砂糖(上白糖)90g
・薄力粉 90g
・無塩バター 30g

〈作り方〉
①共立て法で、リュバン状になったら薄力粉を加えてゴムベラでさっくり混ぜる。
②溶かしバターを加えて混ぜすぎないようにさくっと混ぜる。
③180℃のオーブンで、30分程焼いたら完成。逆さまにして粗熱を取る。
焼き上がったスポンジは、3枚にスライスをして組み立てました。


d0226092_15442705.jpg


〈デコレーションクリーム〉
・乳脂肪42%の生クリーム 200cc
・砂糖 15g
合わせて泡立てる。
 
〈アンビバージュ用シロップ〉
・砂糖40gと水80gを小鍋で沸騰させて冷ましておく。
スポンジ生地1枚ごとに刷毛でたっぷりと染みこませる。

〈フルーツ〉
・キュウイ・バナナ・オレンジ・チェリーをお好みでスライスや角切りにする。
サンド用には、バナナとキュウイをスライスして。
トップのデコレーションには、キュウイ、オレンジ、チェリーを角切りにしました。

我が家のちびっ子達は、フルーツトッピング係りです♪


d0226092_15580750.jpg


いつも作るのは、お手軽にいちごだけのショートケーキですが、
たまにはこんなケーキもいいですね~
6月のBirthday cakeでした( ^^) _U~~


子供たちからのプレゼントは、それぞれに気持ちのこもったお手紙です(笑)

次男 8歳
(先週末に中古のデリカD5をゲットしたパパへ おめでとう!)
d0226092_16150968.jpg


三男 3歳
(最近、まるの中に顔を書けるようになったので、得意気に連発。)
d0226092_16152697.jpg


長男 11歳
(近所のスーパーで安売りがあると喜ぶパパへ。笑)
さすがお兄ちゃん!最後の落ちをありがとう~
d0226092_16144697.jpg

















[PR]

by garachan418 | 2017-06-08 19:00 | パン・お菓子作り

Birthday cake *フルーツタルト* 焼成&仕上げ   

前回、「続きは明日書きます♪」と書きながらも…
間があいてしまいましたが、気を取り直して☆

d0226092_10341317.jpg

                

レシピブログに参加中♪


前日に仕込んだⅠ.タルト生地 Ⅱ.クレーム・ダマンド Ⅲ.カスタードクリーム(クレーム・パティシエール)を組み立てていきますね~

「タルトの敷き込み」
しっかりと冷やした生地を、始めは麺棒でたたき、少々練り、円柱形のような形を作ります
d0226092_10381016.jpg

これを立てた状態で上からつぶし、円形を作ります↓
この状態を作ってから麺棒をかけたほうが、丸く、生地のロスも少なく伸ばすことができます
打ち粉も上手に使ってくださいね☆
d0226092_10383332.jpg

2㎜程の厚みになったら、生地を麺棒で巻き取って、タルト型にそっとかぶせます
d0226092_10392597.jpg

まずは、底に空気が入らないように押さえ、次に、生地をたるませながら隅までびっちり
敷き込みます 麺棒をころがして余分な生地を落し、フォークでピケをします↓
d0226092_10394546.jpg

この状態で、冷蔵庫でしっかりと冷やした方が、生地の縮も少ないです

「クレーム・ダマンドを絞る」
ヘラで軽く戻し、絞り出し袋に入れて絞り、ヘラで均す
ラム酒を少量加えてもいいですね~
d0226092_10441897.jpg

今回、余った二番生地は、子どもと一緒に型抜きクッキーにしました♪
フチは、爪楊枝でプスプスと模様付けしました☆

180℃のオーブンで30分程焼きます
(クッキーは、10分程で取り出しました)
クレームダマンド表面や、タルトのフチは色付いていても、タルト底の焼きが足りない場合もあるので、気をつけながらしっかり焼きます♪
完全に冷めたら、カスタードクリームを絞ります↓

「カスタードクリームを絞る」
ボールに入れて、ヘラで戻したクリームを、口金を付けた絞り出し袋に入れ、円を描きながら絞ります。この際、フチまで絞りすぎないように気をつけて下さい
カスタードにキル酒などのお酒を少量加えても香りが付いていいですね( ´∀`)
それと、今回は、クリームを絞る前にタルトのフチに粉糖をふりました。色味のアクセントになっていいかも♪
d0226092_10482065.jpg


「フルーツを飾る」
今回は、イチゴ、キウイ(2色)、ブルーベリーを飾りましたが、お好みで☆
仕上げに粉糖をふるとこんな感じになります↓
d0226092_1153515.jpg

二番生地で作った型抜きクッキーは、チョコペンでメッセージを書いたり、子どもと絵を描いたりしても楽しいですね~
今回は、誕生日ケーキということで、小さめのクッキーを選んで控え目に「37」と( ̄ー ̄)(笑)

このケーキのポイントは、タルトの敷き込み☆
ということで、以前載せた写真をコピーしてバッチリ載せました( ´ ▽ ` )
是非一度作ってみてください~

なんだかんだと毎日忙しいですが、上手く時間を作りながらお菓子作りも楽しみたいものですね(*´ω`*)
それにしても、6ヶ月の三男 丸い( ̄▽ ̄)!

d0226092_11243961.jpg

[PR]

by garachan418 | 2014-06-13 11:37 | パン・お菓子作り

Birthday cake *フルーツタルト* 3種生地の前日仕込み   

6月7日、旦那さんの誕生日♪
私からのプレゼントは、このケーキだけですが(;´д`)
子ども達からのビデオメッセージ☆そちらのほうが喜んでいましたね~

今回、タルトをチョイスした理由は、3種類の生地が全て前日仕込み、当日は焼きと簡単な仕上げのみ!時間を上手く使って作れます♪

d0226092_2311425.jpg

                    

レシピブログに参加中♪


Ⅰ.タルト生地 Ⅱ.クレーム・ダマンド Ⅲ.カスタードクリーム(クレーム・パティシエール)
パーツに分けて、材料と作り方を簡単に載せたいと思います

以前載せたことのある生地は、そちらをコピーして載せます
以前の記事も参考にして下さい( ´ ▽ ` )
基本のタルト生地作り
カスタードクリーム作り
(カスタードクリームのレシピは、以前と異なります)

Ⅰ.タルト生地「材料」 直径20㎝のタルト型 約1台分 
(今回は、直径17㎝の型1台と、残りは型抜きクッキー数枚として使用) 

・無塩バター60g ・粉糖50g ・薄力粉120g ・卵黄1個 ・塩ひとつまみの半分

「生地の作り方」
①バターの状態が硬ければ、手で少しもんでから粉糖を加える
②卵黄と塩を加えてホイッパーで軽く混ぜる
(この時、空気を含ませる必要もないので、ホイッパーではなく、手だけでもOKです。
 色々な作り方がありますが、あまりこだわっていません)
③ホイッパーをはずし、ふるった薄力粉を加え、粉気が完全になくなるまでゴムべらで
 ボールにこすり付けるようにまとめる
(作業台があれば、台に出して手のひらでしっかりこすり付ける)
④ビニール袋に入れ、平らにし、翌日まで冷蔵庫で休ませる
 すぐに使わない場合はこの時点で冷凍できます。焼きたい前日に冷蔵庫で解凍

Ⅱ.クレーム・ダマンド「材料」 直径17㎝のタルト型 1台分

・無塩バター50g ・粉糖50g ・アーモンドパウダー50g ・卵1個(50g)

「生地の作り方」
①ボールに、混ぜられる程度の硬さのバターを入れ、ホイッパーで滑らかにする
②粉糖を加え混ぜる
③卵3回程に分けて加え、その都度ホイッパーでよく混ぜる
④ザルでふるったアーモンドパウダーを加え、全体を合わせる、↓この状態で冷蔵庫へ
d0226092_2346912.jpg


Ⅲ.カスタードクリーム「材料」 直径17㎝のタルト型 1台分

・牛乳200g ・ヴァニラのさや1/6本 ・卵黄2個 ・砂糖53g ・薄力粉20g

「生地の作り方」 
①ボールに卵黄と砂糖を入れ、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜます。そこに、ふるった薄力粉を加え、さっくり混ぜます
②鍋に牛乳とバニラのさやを入れ、沸騰直前まで温めます。
③②を①のボールに二度に分けて加え、混ざったら、こしながら鍋に戻して煮いていきます
④ヘラで鍋底をこすりながらゆっくりと。プツプツと沸騰してきたらバットに流します
⑤表面をぴっちりとラップで覆い、底に氷水をあてて冷まします

これら3種類の生地を冷蔵保存して、焼成&仕上げは翌日のお楽しみです(*´ω`*)

と、いうことで…続きは明日書きます♪

「最近のちびっ子」
テーブルにあるものを触っては落とし、触っては落としを繰り返すもんだから…
パパにゴム&テープで固定されてしまいました。
ガチャーンと落とすのが楽しいのにね( ;∀;)

ゴムがビヨ~~ン。ビヨヨ~~ンと。「なかなか落ちないなぁ(・ん・)?」
d0226092_0331551.jpg

[PR]

by garachan418 | 2014-06-09 00:45 | パン・お菓子作り

バナナ&アーモンドのマフィン   

出産予定日の12月2日を5日オーバーして・・・
うーん粘ってくれています
っていうか、私が粘っているのか?!(๑≧౪≦)
とにかく、残りわずか気を抜かずに頑張ります!!

11月に作った「バナナ&アーモンドのマフィン」
手軽な材料で、美味しく出来たので、レシピを残しておこうと思います♪

d0226092_1211498.jpg

                 

レシピブログに参加中♪

「材料」8個分(マフィンケーキカップ中×4個、シリコンカップ×4個)
・バナナ(完熟)1本(100g程)
・牛乳     40ml
・無塩バター  120g
・砂糖     100g(今回、三温糖50g/上白糖50gで作りました)
・塩      ひとつまみ
・バニラオイル 少々
・卵      1個
・薄力粉    200g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・重曹     小さじ1/2
・アーモンドスライス 30g(生地に混ぜ込み用20g/飾り用10g)

「作り形」
①バナナをボールに入れ、フォークの背でピュレ状にし、牛乳を加えて混ぜる
②別のボールに、常温に戻したバターを入れ、ホイッパーでよく混ぜ、砂糖、塩、バニラオイルを加えてさらに白っぽくなるまでよく混ぜる
③②の中に、溶いた卵を3~4回に分けて加え、泡立て器で空気を抱き込ませるように混ぜる
④薄力粉、ベーキングパウダー、重曹を合わせてふるったもの1/2量を③に加え、ゴムベラでサックリと切るように混ぜる
⑤粉っぽさが無くなったら①を加えゴムベラでしっかりと混ぜる
⑥残り1/2量の粉類を加え、ゴムベラで混ぜ合わせる
⑦最後にアーモンドスライス20gを生地に加えサックリと混ぜたら生地の完成

今回、100均で購入した「マフィンケーキカップ中」と、お弁当用などにも使える「シリコンカップ」に敷紙を敷いたものの二種類の型を使用しました☆
自宅用は、繰り返し使えるシリコンカップで、お友達へのちょっとしたプレゼントにはケーキカップと、使い分けるのもいいかと思います(´∀`)
d0226092_1238793.jpg

⑧スプーンを使って型の6割程度の生地を入れ、トントンと軽く上から落とし、飾り用のアーモンドスライスを散らし、焼く
⑨180℃に予熱をしたオーブンで約20分~25分、竹串を指して何も生地がついてこなければ焼き上がりです

d0226092_1314890.jpg

今回のレシピは、「きょうの料理」2002年9月号に掲載されていた「柳瀬久美子さん」のレシピを参考にアレンジしてあります♪
生地に少量の重曹を加えてあるので、ベーキングパウダーだけのものと比較すると、ふわっと軽い生地に仕上がるように思います(*´ω`*)

d0226092_1333998.jpg


子どものおやつに最適ですね(*´▽`*)
[PR]

by garachan418 | 2013-12-07 13:11 | パン・お菓子作り

「7歳のBirthday Cake」   

今年のBirthday Cake
シュー生地をリング状に焼くパリブレストをアレンジして「7歳」の形にしてみましたよ♪
香ばしいアーモンドの食感もgoodでしたよ( ̄ー ̄)

d0226092_1313157.jpg


                   

レシピブログに参加中♪

                    
「材料」1台分
*シュー生地
・薄力粉30g ・強力粉30g ・無塩バター40g ・水100ml ・グラニュー糖2g
・塩1g ・卵100g(2個分)

*カスタードクリーム
・牛乳200ml ・グラニュー糖40g ・卵黄50g ・薄力粉20g ・無塩バター16g
・バニラのさや1/4本

*生クリーム
・生クリーム150ml ・砂糖10g

*その他
・アーモンドスライス適量 ・粉糖適量 ・フルーツ(いちご・バナナ・ブルーベリー)

シュー生地やカスタードの作り方は、以前に載せたものを参考になさって下さいね(*´ω`*)
「シュークリーム」シュー生地作り
「シュークリーム」カスタードクリーム&仕上げ

「作り方」(生地を絞るところから)
①天板1枚に大きく「7」の数字を絞り(口金1cm)、ハケで水を塗り、アーモンドスライスをまぶす。生地が余れば、周りに絞り出しておきます

d0226092_1316334.jpg


②200℃のオーブンで、約30分焼きます(アーモンドが焦げそうであれば、途中紙をかぶせて)

d0226092_13165665.jpg


③完全に冷めたら、生地の厚みの2/3のところで切り、絞り出し袋に入れたカスタードを絞る。その上にお好みのフルーツをのせます(バナナは、変色しないように、水100ccに砂糖大さじ1/2程度で沸騰させたシロップにくぐらせてから使用)

d0226092_13171381.jpg


④泡立てた生クリームを絞ります

d0226092_13212325.jpg


⑤シュー皮をかぶせて、粉糖で仕上げたら、ワンポイントだけデコレーションしてみました☆↓

d0226092_14265754.jpg


でき上がりは、写真で見るより更に大き目( ̄▽ ̄)!!
重みもズッシリ~~!!ですが・・・
軽いシュー皮と、たっぷりのフルーツでパクパク食べられます~ヽ( ̄▽ ̄)ノ

これ、何歳の誕生日でもいけますね(笑)♪

d0226092_14412620.jpg

[PR]

by garachan418 | 2013-04-02 22:08 | パン・お菓子作り

「カルディナールシュニッテン」Kardinalschnitten♪   

伝統的なウィーン菓子「カルディナールシュニッテン」

今回は、レシピをしっかりと載せようと思います♪

d0226092_13242482.jpg



レシピブログに参加中♪


「材料」10×30cm 1台分
ビスクウィートマッセ(黄色生地)
・卵1と1/2個 ・卵黄3個分 ・砂糖45g ・薄力粉45g ・ヴァニラエッセンス適量
・レモン皮のすりおろし1/3個分

シャウムマッセ(白色生地)
・卵白3個分 ・砂糖80g ・塩ひとつまみ

カフェオーバスクレーム(コーヒークリーム)
・生クリーム200cc ・粉砂糖13g ・インスタントコーヒー3g ・ラム酒20g ・板ゼラチン2g

「作り方」
①シャウムマッセを作る。ボールに卵白と塩を入れ、砂糖を3回に分けながら、ハンドミキサーを使って角が立つしっかりとしたメレンゲを作る。口金13mmをつけた絞り出し袋に入れて2段に重ねて絞る
準備段階として、ベーキングシートの下に敷く、目安の紙を用意して、それにそって絞っています
横30cmの線を5cm間隔で3本書きます(①のシャウムマッセを線の上に絞る)

d0226092_13462021.jpg


②ビスクウィートマッセを作る。ボールに、卵、卵黄、砂糖、ヴァニラエッセンス、レモン皮のすりおろしを加えハンドミキサーでリュバン状(ゆっくりとリボンのように流れ落ちる)になるまで立てる。ふるった薄力粉を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる。口金13mmをつけた絞り出し袋に入れて絞る
シャウムマッセを絞った間に絞り出す

d0226092_1348674.jpg


このように、天板2枚分を組み立てて、1台分のカルディナールシュニッテンができます☆
③茶こしを使って粉糖を全体にふり、180℃で、22~25分程焼きます

焼き上がったら、粉糖を軽くふった紙に1本ずつ包みテープで止めて形を整える

d0226092_14124111.jpg


④カフェオーバスクレームを作る。冷水で柔らかく戻したゼラチンと、ラム酒、インスタントコーヒーを合わせて湯煎で溶かす。
⑤生クリームに粉砂糖を加え、氷水を当てながらしっかりと泡立てる。
⑥⑤の生クリームと④を合わせますが、一気に冷えてゼラチンが固まらないように氷水ははずしておきます。さらに泡立て器で立て、冷蔵庫で冷やす。

d0226092_14213633.jpg


⑦クリームと生地が落ち着いたら、クリームを口金13mmをつけた絞り出し袋に入れ、絞り、パレットナイフでならす。
⑧もう一枚の生地をのせて紙でくるんでセロテープでしっかり止め、冷蔵庫で冷やし固める

d0226092_14261841.jpg


⑨粉糖をふりかけ完成です(*´ω`*)幅は厚めの3cm程にカットします♪

d0226092_1431985.jpg


ラム酒とコーヒーがきいているので、子ども達には不評でしたが( ̄▽ ̄;)
とっても軽い生地と、ゼラチンの入った♪しっとりしたコーヒークリームが相性goodですよ(*´▽`*)

何より、前回も書き込みましたが→記念日に♪ 「カルディナールシュニッテン」 
このお菓子Kardinalschnitten♪の歴史的背景を想うとなんとも熱くなるものがありますね!!
しつこい!?( ̄◇ ̄;)
[PR]

by garachan418 | 2013-03-29 14:45 | パン・お菓子作り

記念日に♪ 「カルディナールシュニッテン」   

先日・・・
「新たなローマ法王にアルゼンチンの枢機卿が選出」
「バチカンに集まったカトリック教徒たちが新法王の選出に大歓喜!」
こんなニュースがありましたよね☆

「ローマ法王」「枢機卿」「バチカン」と聞いて
食いしん坊ママはピンときました☆

「カルディナールシュニッテン」Kardinalschnitten!!
コーヒークリームをはさんだ伝統的なウィーン菓子です

d0226092_7222329.jpg

                 

レシピブログに参加中♪

「カルディナール」とは、カトリックではローマ教皇の最高顧問、枢機卿のこと
「シュニッテン」とは、切り分けられたお菓子のことを意味するそうです

そして、この切り分けた断面の「黄と白」はカトリックの象徴色で、バチカン国旗にも使われている配色だそうです              ↓バチカン国旗 調べてみました 

d0226092_7224481.jpg

おぉ~( ̄▽ ̄)本当だわぁ~~

私も、高校時代、祖母&三姉妹で「バチカン市国」を旅行しましたが、当時は歴史も知らず「ここが世界一小さな国かぁ~」と思った程度で・・・もったいないことしたなぁ~(^^;)

ヨーロッパのお菓子には歴史があるだけでなく、歴史と共にある感じ
だからイイんだよね~
と、一人で浸っているママですが( ̄ー ̄) パパはほぼ無視(。-∀-)

d0226092_7511860.jpg


そして、昨日は9回目の「入籍記念日☆彡」ということで、パパとちびっこが潮干狩りに出かけている合間にゆっくりと作りましたよ♪
あさりは只今砂抜き中、ピシューピシューと元気な音が聞こえていま~す

前置きが長すぎてレシピどころではありませんが( ̄▽ ̄)
次回しっかりと書こうと思います!!

願!!夫婦円満(笑)
[PR]

by garachan418 | 2013-03-24 08:03 | パン・お菓子作り

くまさんのアイスボックスクッキー(・(ェ)・)   

先日のホワイトデイに作った「くまさんクッキー」♪

こちらも、レシピと簡単な作り方を残しておこうと思います!

d0226092_22342741.jpg



レシピブログに参加中♪

「生地材料」40枚程 
 ・無塩バター   100g
 ・グラニュー糖   85g
 ・卵        1個
 ・バニラエッセンス 適量

①常温に戻したバターに、グラニュー糖をいれて白っぽくなるまでまぜ、そこに溶いた卵を少しず つ加えます。最後にバニラエッセンスも忘れずに
②出来上がった生地を計って二等分にし、ボールに入れ、それぞれ振るった粉類を加えて2種類の生地を作る

 「きなこ生地」
  ・薄力粉  80g
  ・きなこ  20g
 「ココア生地」
  ・薄力粉  100g
  ・ココア   15g 
③粉気がなくなったらビニール袋やラップに包み、冷蔵庫で1時間以上冷やして形を作りやすい
 状態にします

実はこのクッキー、白い生地の部分に「きなこ」を加えています☆
とはいっても少量なので、やっと気付くか気付かないか・・・ですが(^^;

できあがった生地をそれぞれ二等分にして、アイスボックス一本の生地量が
きなこ生地→105g、ココア生地→115gにする

d0226092_23104674.jpg

まず、ココア生地を、85g(顔)、15g(耳)、15g(耳)に分割して、↑それぞれを棒状にしてハケで水を薄く塗り、顔部分に耳を接着する。冷凍庫で30分程冷やし固める。

d0226092_23243037.jpg

↑ココア生地全体にハケで水を塗り、きなこ生地を軽く練って、耳生地の間に詰めていく
残りのきなこ生地で、ココア生地を覆う。冷やし固める

d0226092_2331438.jpg

1枚が5mm強になるようにカットして、オーブン温度 180℃程で 約15分焼きました♪

d0226092_2334937.jpg

ちょっと焼きすぎましたかね( ̄▽ ̄;)
今回、二等分にした生地1本分をくまさんクッキー(・(ェ)・)、もう1本を市松模様風にしましたよ~
チョコペンで顔を書いたら完成です☆

d0226092_23371230.jpg


以前も書きましたが、少々生地が硬めの焼き上がりになります(´・ω・`)
レシピ自体、改善する余地ありですね!!
[PR]

by garachan418 | 2013-03-19 23:47 | パン・お菓子作り

ヴァニラキプフェルン♪ レシピ    

ホワイトデイに作った「ヴァニラキプフェルン」♪
レシピを残しておこうと思います(*´ω`*)

「キプフェル」とは三日月の意味
かつてオーストリアがトルコを撃退した勝利の証として、トルコ国旗に記された三日月をモチーフにパンやお菓子が作られたといわれています
三日月形のクロワッサンがその代表ですよね☆

ドイツ・オーストリアでは、伝統的なクリスマスお菓子でもあるそうです

サクサクと口溶け良く、アーモンド風味の素朴なお菓子ですよ(*´∀`)

d0226092_1274735.jpg


                 

レシピブログに参加中♪


「材料」生地量10g×35個分
・薄力粉 140g
・アーモンドパウダー 50g
・バター 100g
・砂糖 50g
・塩 ひとつまみ
・牛乳 15g
・レモンの皮 少量
・ヴァニラのさや 1/2本(ヴァニラのさやを裂いて中の種をこそげ取ったもの)
・ヴァニラシュガー
(市販のもの、又は、種をこそげ取って残ったさやと砂糖を軽くこすって香りをつけた砂糖)

「作り形」
①常温に戻したバターに、砂糖を入れホイッパーでよく混ぜ、塩、ヴァニラの種、レモンの皮を加えて混ぜる
②①の中に、薄力粉とアーモンドパウダーを合わせてざるでふるったものと牛乳を加え、ゴムベラでまとめる
⑤冷蔵庫で冷やし固める
⑥台に出し、10gに分割したものを三日月形に形作る(両端細めの棒状にしてUの字に)
d0226092_12442695.jpg

⑦天板に並べ、180℃のオーブンで15分程焼く(焼き色はつけ過ぎないように)
d0226092_1312776.jpg

⑧焼き上がったらすぐにヴァニラシュガーをまぶす

↓バットにヴァニラシュガーを用意して、上からもふりかけるようにして全体にまぶします♪  
d0226092_135227.jpg

ホワイトデイ前夜
チビッ子二人もパジャマ姿でお手伝い( ̄▽ ̄)
弟くん、眠くなってきました(。-∀-)
くまさんクッキーで使った残りのチョコペンでクッキーにお絵かき中

今回は卵を使わないレシピで作りましたが、色々なレシピがあるようですね~
お好みで、レモンの皮の代わりにシナモンを加えるも良し!
次回試してみたいと思います!!
[PR]

by garachan418 | 2013-03-16 06:33 | パン・お菓子作り

ホワイトデイのクッキー作り♪   

昨日の「ホワイトデイ」♪
皆さん上手くいきましたか(*´ω`*)

火曜日の帰宅途中、横浜そごうに寄ると
スーツを着たサラリーマン風の方々が慣れない様子でデパ地下をウロウロ
あらぁ~。大変そうだなぁ~なんて思っていたら・・・

その夜、うちの旦那さんがデパ地下で買ってきたであろう紙袋を持って帰宅したもんだから(笑)
しかも、こそこそと目立たなそうな場所に置いて。。。( ̄▽ ̄)
笑ってしまいます。
職場でうまく渡せたのでしょうか~

d0226092_3491299.jpg


                

レシピブログに参加中♪


早いもので、あの喜びのバレンタインからひと月
我が家も、チョコを貰ったお友達にお返し用のクッキーを☆

今回は、くまさん&市松模様風の「アイスボックスクッキー」と「ヴァニラキプフェルン」というヨーロッパではポピュラーな三日月形のクッキーを作りました

くまさんの「アイスボックスクッキー」
d0226092_349393.jpg

冷やし固めた生地をカットして、粗熱が取れたらチョコペンで顔を書きます
色々な顔が出来上がりましたよ(*´∀`)
d0226092_3495769.jpg


市松模様風&マーブル模様の「アイスボックスクッキー」

アイスボックスクッキーでは、よく作られる市松模様ですが
今回も、あえてランダムな感じに仕上げてみました
d0226092_4113135.jpg


「ヴァニラキプフェルン」

こちらは、冷やした生地を10gに分割してコロンとした棒状にしたものを三日月形に形作ります
d0226092_3501468.jpg

お兄ちゃんにもできるかなぁ~(。-∀-)と横目でチラチラ。ママチェック入りますが(^^;
心配をよそに、上手に成形してくれていました☆good!!
↓写真下がママ成形、上がお兄ちゃんの成形です
d0226092_3503545.jpg

焼きあがりは、どちらも変わりなく出来上がっていましたよ(*´∀`)
熱いうちにヴァニラシュガーをまぶして完成です♪
子どもとのお菓子作りには最適☆
d0226092_3545963.jpg


今回、ホワイトデイ前日の様子だけをのせておきます
それぞれのレシピは、次回まとめますね~(*´ω`*)
アイスボックス・・・ちょっと硬かったですね(´;ω;`)反省点。

d0226092_435264.jpg

[PR]

by garachan418 | 2013-03-15 04:36 | パン・お菓子作り